競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2017-2018】クロフネ産駒注目の10頭を紹介!【種付け料・頭数&産駒の評判・特徴】

出典:wikipedia

 

芝ダートでG1を制覇したクロフネらしく産駒も芝ダートで活躍しており距離の融通性もあるのが特徴です。

 

そして牧場でも丈夫で素直な馬が多いと評判の種牡馬です。

 

2017年の種付け料は200万円で2016年の種付け頭数は157頭でした。

 

最近は産駒が障害でもG1を勝ち2017年はアエロリットがNHKマイルカップを制覇するなど、種牡馬としての価値が見直されています。

 

数は少ないですが価格面からも一口クラブでは人気の種牡馬です。

 

POG2017-2018 クロフネ注目の産駒10頭

それでは2017年のPOGで押さえておきたいクロフネ産駒を10頭ご紹介いたします。

 

1. ブラスト 牡

父:クロフネ 母:カーナヴァル 母父:ダンスインザダーク

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:ノースヒルズ 厩舎:中村均 (栗東)

 

母の母は2戦目で阪神3歳牝馬Sに挑戦し2着となったキュンティアで、母の姉オディールはクロフネ産駒で阪神ジュベナイルFで4着となり桜花賞、オークスにも出走しました。

 

優秀な牝系なので大物が誕生しても不思議ではありません。

 

 

2. エレガントクルーズ 牝

父:クロフネ 母:エレガントマナー 母父:シンボリクリスエス

兄姉:リーガルプレゼンス 馬主:サンデーレーシング 厩舎:木村哲也 (美浦)

 

ダート戦のみですが強烈な末脚で2戦2勝で引退したリーガルプレゼンスの半妹になります。

 

その兄はいずれも脚抜きの良い馬場でのパフォーマンスだっただけに、同馬には芝でのスピード競馬での対応にも期待したいです。

 

 

3. ヴィグール 牝

父:クロフネ 母:スナップショット 母父:サンデーサイレンス

兄姉:ヤングマンパワー 馬主:サイプレスホールディングス合同会社 厩舎:渡辺薫彦 (栗東)

 

アーリントンCを制しNHKマイルCでは差のない6着に健闘したヤングマンパワーの半妹です。

 

デビュー以来すべて芝のマイル戦に出走している兄同様にマイル戦での活躍に期待です。

 

 

4. エトワールドパリ 牝

父:クロフネ 母:マドモアゼルドパリ 母父:サンデーサイレンス

兄姉:マキシマムドパリ 馬主:グリーンファーム 厩舎:松元茂樹 (栗東)

 

オークスまで駒を進めたマキシマムドパリの半妹になります。

 

父が距離の融通性があるクロフネに代わりマイル戦でも活躍が期待されます。

 

 

5. ベストヴォヤージュ 牝

父:クロフネ 母:シーズンズベスト 母父:ゼンノロブロイ

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:キャロットファーム 厩舎:鹿戸雄一 (美浦)

 

現役時代に14戦して掲示板を外したのは1回だけという安定した走りを見せてくれたシーズンズベストの子供です。

 

同馬にはマイル前後で馬場状態を問わないしぶとい走りを期待出来そうです。

 

 

6. ヤマカツケンザン 牡

父:クロフネ 母:ヤマカツオーキッド 母父:ダンスインザダーク

兄姉:ヤマカツライデン 馬主:山田博康 厩舎:池添学 (栗東)

 

2歳時に札幌で2勝して阪神ジュベナイルFにも出走したヤマカツオーキッドの子供です。

 

半兄ヤマカツライデンは2歳6月にデビューして2歳時だけで8レースに出走。

 

同馬にも早い時期からの活躍を期待したいです。

 

 

7. タレンティドガイ 牡

父:クロフネ 母:ライジングサンデー 母父:サンデーサイレンス

兄姉:エーシンホワイティ 馬主:未定 厩舎:未定

 

母の母が名牝タレンティドガールという血統です。

 

半兄エーシンホワイティは2歳時から活躍し3歳春にはファルコンSを勝ちNHKマイルカップでは6着と健闘しました。

 

同馬にはタレンティドの名に恥じない走りを見せてほしいです。

 

 

8. スワーヴポルトス 牡

父:クロフネ 母:ビジャリカ 母父:ディープインパクト

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:未定 厩舎:未定

 

母と姉の競争成績は見るべきものはありませんが、同馬の注目は何といっても母父がディープインパクトという血統です。

 

どんな走りを見せてくれるのか今から楽しみです。

 

 

9. フサイチミニヨンの2015 牡

父:クロフネ 母:フサイチミニヨン 母父:サンデーサイレンス

兄姉:アンブロワーズ 馬主:未定 厩舎:未定

 

2連勝で函館2歳Sを制し阪神ジュベナイルFでは僅差の2着と健闘したアンブロワーズ(父フレンチデピュティ)の半弟になります。

 

クロフネの父はフレンチデピュティなので同様な活躍を期待したいです。

 

 

10. カヴァイヨン 牡

父:クロフネ 母:サンヴィクトワール 母父:サンデーサイレンス

兄姉:サンソヴール 馬主:G1レーシング 厩舎:吉田直弘 (栗東)

 

エルフィンSを制したサンヴィクトワールの子供です。

 

半姉サンソヴールは2歳新馬で2着も3歳春は無念の休養でした。

 

父が代わって同馬の力強い走りに期待したいです。

 

 

まとめ

ダートの活躍馬も輩出するクロフネですが、やはりPOG的には芝路線での活躍を期待したいところです。

 

父同様に芝のマイルG1で活躍しそうな馬を狙ってみるのが良いでしょう。

 

>> 【POG2018-2019】クロフネ産駒注目馬の10頭紹介!【評判・特徴・種付け料・種付け数】

トップへ戻る