競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

武豊とはどんな騎手なのか?レース戦績、騎手としての特徴、今後の騎乗予定を紹介

武豊騎手

画像:http://www.asagei.com/tag/%E6%AD%A6%E8%B1%8A

 

前人未到という言葉が似合い、競馬界の第一人者として47歳を超えても未だに現役トップジョッキーとして活躍している武豊(1969年3月15日)騎手。

 

競馬を知らない人でも「武豊」という名前は知っているという人は少なくありません。

 

武豊騎手は栗東所属で、2016年でデビュー30年目となる大ベテラン。

2016年5月16日現在で3818勝、重賞307勝、G1 70勝(JRAのみで全て歴代1位)でダービーは最多5勝を誇り、デビュー以来30年連続重賞勝利という快挙を更新中で、史上最年少というフレーズが最も多い騎手です。

 

今後、抜かれることのないといわれる数々の記録を打ち立てています。

 

 

武豊と名馬のコンビ

さて、そんな武豊騎手ですが、記録だけではなく、競馬史に残るような名馬とのコンビも有名です。

 

記憶に新しいのは2005年・2006年に活躍した無敗の三冠馬「ディープインパクト」とその子供でダービー馬「キズナ」ですが、武豊騎手のデビュー間もないころの名馬たちを知らない世代の人たちのために、武豊騎手で活躍した馬たちを少し振り返ってみましょう。

 

1987年にデビューした武豊騎手は、翌年の菊花賞を「スーパークリーク」で史上最年少G1(クラシック)制覇を成し遂げています。

この時代には「スーパークリーク」の他にアイドルホース「オグリキャップ」と「イナリワン」の三頭で平成の三強といわれていました。

 

「スーパークリーク」は武豊騎手が優先して騎乗したお手馬で、G1を3勝しています。

しかし、この馬がケガなどで出走していないときには、武豊騎手は「イナリワン」でG1を2勝、「オグリキャップ」でもG1を2勝しています。

 

この3強すべてに騎乗したのも武豊騎手のみで、しかも3頭でG1を2勝以上もしています。

若干20歳の若者が…恐るべしですね。

 

そして何よりも武豊騎手の人気を決定づけたのが、「オグリキャップ」の引退レースでしょう! 

往年の力がなかったオグリを先行策で導き、劇的な引退レースを勝利して中山競馬場に大歓声の「オグリコール」が鳴り響きました。

 

その後も「メジロマックイーン」で天皇賞・春を連覇し、牝馬二冠でお母さんになってもダービー馬を産んだ「ベガ」、G1を4勝して初ダービーをゲットした「スペシャルウィーク」、女傑「エアグルーヴ」、悲運の快速馬「サイレンススズカ」、無事ならアメリカでG1を勝ててかもしれない怪物「クロフネ」…など、数え上げればきりがありません。

 

 

武豊騎手の特徴、今後の展望

武豊騎手の大きな特徴は、絶大な人気馬でプレッシャーがかかるレースでも落ち着いて騎乗が出来る精神力と、馬への負担の少ない騎乗フォーム、完璧な体内時計といわれるペース配分、抜群のスタート力が有名ですね。

 

ちなみに武豊騎手はJRAと地方、海外のG1を併せると106勝もしており、今年はすでに天皇賞・春を「キタサンブラック」で、かしわ記念を「コパノリッキー」で勝利しています。

 

では、今後のG1はどうでしょうか。

 

今年の武豊騎手は例年になくハードな日程となりそうです。

 

すでにドバイと香港、アメリカで騎乗していますが、この後はフランスとイギリス、アメリカとまだまだ海外出走予定が増えていきそうです。

 

ではお手馬の予定は、国内牡馬3歳クラシックは「エアスピネル」でダービーと菊花賞

 

古馬の芝中距離路線は「エイシンヒカリ」でフランスとイギリスでG1参戦し、古馬中長距離戦では「キタサンブラック」で宝塚記念

 

3歳ダート路線では「ラニ」がアメリカクラシック参戦で、古馬ダート路線は「アウォーディー」と「コパノリッキー」が予定しています。

 

このどれもが今後、G1を勝ってくれそうな馬たちばかりで、期待が高まりますね。

 

まだまだ騎手として上手くなりたいという武豊騎手。

 

今年もたくさんのドラマを見せてくれそうです。



楽天マガジンなら月418円(税込)で競馬雑誌が読み放題!

競馬予想のために競馬雑誌を読む方は多いと思います。ですが、紙の競馬雑誌は1冊700~1000円くらいかかるので、「毎回買うのは高い...」という方も多いのではないでしょうか?

 

実はPCやスマホアプリで使える雑誌読み放題サービスの楽天マガジンなら、月額418円(税込)で有名競馬雑誌「週刊Gallop」「サラブレ」含め、600誌以上が読み放題なんです!週刊Gallopとサラブレを1冊ずつ買うだけで1700円くらいかかるので、それだけでもお得ですよね。競馬雑誌以外にも、IT・ガジェット、ビジネス、芸能エンタメなど様々なジャンルの雑誌が読めるので、競馬の息抜きにもおすすめです!

 

さらに初回登録後31日間は無料でお試し可能なので、月々の競馬雑誌の費用に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

↓楽天マガジンの無料お試し登録(31日間無料)はこちら

>> 月額418円(税込)で約500雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

↓楽天マガジンの登録手順や使用してみた感想はこちら

>> 500誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んだ感想【サラブレ・週刊Gallop】

 

トップへ戻る