競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

競馬ブックのスピード指数の活用法、見方、予想方法を徹底解説

タグ: 競馬ブック

優秀なトラックマンがたくさん所属していて、レースの情報量は業界トップクラスであることでおなじみの競馬新聞・競馬ブック

 

競馬ブックを愛読していなければ競馬通じゃない!といえるくらい、有能な競馬新聞です。

 

1部500円という値段ではありますが、紙面に掲載されている情報は500円以上の価値がありますから、一度ぐらいは手に取ってみるもの良いのではないでしょうか。

 

ここでは、一流の競馬新聞・競馬ブックが提供している独自のスピード指数について紹介したいと思います。

 

競馬ブックの独自スピード指数がどんな指数なのかをご紹介するのはもちろん、スピード指数の見方や予想への活用方法などを分かりやすく解説していきます。

 

 

競馬ブックのスピード指数とは?

一般的に、スピード指数とは、出走馬が過去に記録した走破タイムから競馬ブックが独自に算出した基準の走破タイムを差し引くことで馬の能力を数値化したものです。

 

走破タイムの比較をすること自体はそんなに難しいことではありません。

 

ですが、競馬ブックのスピード指数には馬場状態の変化など、現地にいるトラックマンでしか把握することができない情報によって補正されていて、より正確なタイム比較が行われています。

 

素人では知り得ない情報が入っているわけですから、有益な予想材料であることに違いないですし、実際に競馬ブックのスピード指数を参考にして馬券予想をしている競馬ファンも多くなっているようです。

 

 

競馬ブックのスピード指数は昇級点の数値に注目

競馬ブックのスピード指数には昇級点という数値が定められています。

 

昇級点はレースで1着になるために必要な数値のことで、スピード指数の数値が昇級点に近ければ近いほど1着になる可能性が高いということになります。

 

昇級点は、競馬ブックによって過去の同条件のレースで勝利した(1着だった)馬のスピード指数から求められています。

 

まずは、スピード指数の昇級点の数値がいくつなのかを確認してください。

 

昇級点と同じ数値、あるいは昇級点よりも高い数値である馬は好走する確率が極めて高くなります。

 

次に、昇級点を超えたスピード指数をマークしている馬が何頭いるのかを確認しましょう。

 

該当馬が1頭だけであればその馬を馬券の軸に置けばOKなのですが、該当馬が複数存在する場合は臨戦過程や枠順などを考慮して馬券の軸馬を選ぶようにしてください。

 

また、スピード指数はオッズを参考にした指数ではありませんので、昇級点を超えていてもなぜか人気薄になっている、というケースも少なくありません。

 

昇級点を突破しているにも関わらず、人気薄だった馬がいる場合は馬券で積極的に狙っていきましょう。

 

 

まとめ

競馬ブックが提供しているスピード指数は昇級点を超えている馬が何頭いるのかを探すだけ、という単純明快な指数になります。

 

「競馬新聞=読むだけで大変」というイメージを持っている方も多いかと思いますが、競馬ブックのスピード指数は競馬初心者の方でも使いやすいものですので、ぜひご活用ください。

 

競馬ブックの見方、値段、発売日、詳細情報を紹介!予想の的中率は?



インターネットで競馬をやるなら楽天銀行がおすすめ!

最近では競馬場に行かないでインターネット上で競馬をするのが主流になってきました。

もしあなたがこれからインターネットで馬券を買いたいと思っているのであれば、 楽天銀行 の開設がおすすめです。

 

楽天銀行をおすすめする大きな理由は楽天スーパーポイントです。

楽天銀行を開設して即パットから馬券を購入すると、月の取引回数に応じて楽天スーパーポイントが貯まるので、 普通に馬券を購入するよりもお得 なのです。(楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として利用可能)

 

さらに今なら楽天銀行を開設後、楽天競馬(地方競馬のみ購入可能)に新規登録すると 楽天スーパーポイントが1000ポイント 馬券購入金額の10%分の楽天スーパーポイント がもらえるキャンペーン中です!

 

楽天競馬では日常的に馬券購入金額の最大10%還元キャンペーンを開催しているので、平日は地方競馬、週末は中央競馬をやりたい!という方は、楽天銀行・楽天競馬を利用するだけで他のライバルより 回収率において優位 に立つことができます。

 

↓今すぐ楽天銀行を開設したい方はこちら

>>  楽天銀行なら楽天スーパーポイントが貯まる

↓楽天競馬の登録はこちら(1000ポイント+馬券金額の10%還元キャンペーン中)

>>  楽天競馬

 

 

※楽天競馬の登録には楽天銀行の口座が必要なので、楽天銀行→楽天競馬の順番で登録をおすすめします

トップへ戻る