競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【マイルチャンピオンシップ2016最終予想】上位5頭ピックアップ 本命はディサイファ!

 

レース日程

レース名

マイルチャンピオンシップ(G1)京都芝1600m

日程

2016年11月20日(日)15:40

競馬場 京都競馬場/芝/1600m
条件 サラ3歳上オープン

 

マイル界の絶対王者モーリスが不在ではありますが、それでもGⅠ馬4頭に加えて前哨戦を制した上がり馬なども出走してきて、混戦ながらなかなか面白いメンバーが揃った印象です。

 

先週のエリザベス女王杯でのシングウィズジョイの激走で、改めて騎手の勢いや調教の重要性が嫌というほど身に染みたので(笑)、今週は各馬1頭1頭しっかり考察していきたいと思います。

 

レース最終予想

それでは予想に入りたいと思います。

 

◎ ①ディサイファ

初のマイル戦となった安田記念では好スタートから楽に先行し、内でゴチャつく面がありながらも直線一旦は先頭に立とうかという積極的な競馬で、6着ながら0.3差で非常に濃い内容でした。

 

前走の毎日王冠も先行馬総崩れの追い込み決着の中、先行馬では最先着しており、別定GⅡ2勝の実績からもこのメンバーでも見劣りすることはないでしょう。

 

今回絶好枠の1枠1番を引き当て、さらに京都マイルは庭のディープインパクト産駒でもあり、人気もそこそこの今回は絶好の狙い目として本命を打ちたいと思います。

 

GⅠ100勝を決めた縁起のいい舞台であるマイルCSで武豊騎手の華麗なエスコートに期待ですね。

 

 

○ ⑩マジックタイム

今年はヴィクトリアマイル以外全て馬券圏内とまさに充実一途といった内容で、牡馬相手の重賞でも勝ち負けを繰り返しているのは非常に価値が高いです。

 

先週のエリザベス女王杯勝ち馬のクイーンズリングと今年2戦して接戦であることからも、GⅠ級の能力を持っているのは間違いないでしょう。

 

左回り巧者のイメージが強いですが、右回りでも連対率60%と問題なく、本格化したハーツクライ産駒は一気に頂点まで上り詰める傾向も強いので、牝馬でも高評価しなければならない1頭だと思います。

 

 

▲ ⑯ミッキーアイル

今年はまだ僅か3戦ながらスプリントGⅠ2着2回と安定感ある走りを見せており、今回が休み明け2戦目でまだ余力も十分でしょう。

 

元々NHKマイルC勝ちがあるようにマイル戦でも実績があり、昨年番手からの競馬を繰り返していたことからも今回久々の1600mでも十分に対応可能だと思います。

 

この馬にとっては被されにくい外枠も好材料で、乗り慣れた主戦の浜中騎手に戻るのもプラスでしょう。

 

距離延長で人気が落ちるようなら、むしろ積極的に狙っていきたい1頭です。

 

 

△ ⑮ネオリアリズム

前走の札幌記念は展開・馬場・ペースの全てが上手くいった感があるのは事実ですが、2着に天皇賞・秋を圧勝したモーリス、3着に菊花賞2着のレインボーラインを従えて勝利した事実は地力の証明だと思います。

 

1600mは初めての距離で、さらに京都コースを走るのも初めてで不安要素は多いですが、鞍上にムーア騎手を配して天皇賞・秋ではなくこちらを選択したのは陣営の勝算があっての事でしょう。

 

週末の雨予報で馬場が渋ってパワーが求められる馬場になるのは大歓迎で、思ったより人気していない今回は買い目に入れておきたいところです。

 

 

△ ③スノードラゴン

8歳馬でなお且つ芝のマイル戦は約6年ぶりの出走ということで、おそらく全く人気はなさそうですが、前走の3コーナーを上がっていく時の脚色や前々走で見せた積極策から、高齢ながら非常に充実しているイメージを受けます。

 

1200mながら中京の不良馬場で好走していることからスタミナの裏付けは十分で、内枠を引き当てた今回は道中のスタミナのロスも最小限に抑えられるでしょう。

 

頭までは厳しいかもしれませんが、連複系の馬券はしっかり買っておきたいところですね。

 

 

まとめ

偶然というわけではないですが、印をつけた5頭が全て別路線組(スプリント、牝馬、中距離)という結果となりました。

 

それだけ今のマイル路線は、モーリスを除けば抜けた馬がいないということなのかもしれません。

 

おそらく5頭ともそこまで抜けた人気にはならないと思うので、未知の魅力で高配当に期待ですね。

 

 

買い目

馬単  ◎1、○10、▲16、△15、△3 BOX 各100円  計2,000円

トップへ戻る