競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

おいしい種牡馬はこれ!2016年マイナー種牡馬9頭一覧と産駒成績、特徴

2016年におけるマイナー種牡馬を紹介します。

 

走るツボを押さえておくと人気にならない産駒ばかりで、美味しい馬券にありつけることもあります。

 

2016年マイナー種牡馬一覧と特徴

 

ミスキャスト

サンデーサイレンス×トニービン 

代表産駒:ビートブラック

 

メイショウサムソン

オペラハウス×ダンシングブレーヴ 

代表産駒:デンコウアンジュ、サムソンズプライド

 

パイロ

Pulpit×Wild Again

代表産駒:ビービーバーレル

 

ショウナンカンプ

サクラバクシンオー×ラッキーソブリン 

代表産駒:ショウナンアチーヴ

 

ロサード

サンデーサイレンス×Lyphard

代表産駒:クラウンロゼ

 

ゴールドヘイロー

サンデーサイレンス×Seeking the Gold

代表産駒:トウケイヘイロー

 

サウスヴィグラス

エンドスウィープ×Star de Naskra 

代表産駒:ナムラタイタン、ラブミーチャン、コーリンベリー

 

バゴ

Nashwan×Nureyev 

代表産駒:ビッグウイーク、オウケンサクラ、クリスマス

 

カリズマティック

Summer Squall×Drone 

代表産駒:ワンダーアキュート

 

 

代表産駒と主な産駒成績

 

ミスキャスト

ビートブラックは天皇賞春を14番人気で勝利。

 

菊花賞は13番人気3着と強烈な穴馬でした。

 

サンデーサイレンス×トニービンの種牡馬にはほかにハーツクライがいますが、やはり同様に長距離適性が高いです。

 

重賞勝ちはビートブラックの1頭です。

 

 

メイショウサムソン

重厚なサドラー系で、ダービーや天皇賞春など、現役時代は長距離GIレースが得意でした。

 

同父のテイエムオペラオーと異なるのは、天皇賞秋を1分58秒4という高速時計で勝利したこともあり、重厚なサドラー系の割に、スピードを持っていることです。

 

産駒にもそれが遺伝しているのか、代表産駒のデンコウアンジュは、東京のマイル重賞を勝利し、サムソンズプライドも速い上りが必要な東京の中長距離巧者です。

 

重賞勝ちはデンコウアンジュのみ、1頭です。

 

 

パイロ

父Pulpitで、A.P.Indy系のバリバリのアメリカンダート馬です。

 

産駒もダート戦に良績が集中しています。

 

特にダートの短距離が得意で、馬券になります。

 

重賞勝ちはビービーバーレルのフェアリーSのみ。

 

使われていないだけで、意外に芝も走れるかもしれません。

 

 

ショウナンカンプ

父サクラバクシンオーで、自身もスプリンターでした。

 

種牡馬入り後、NZT勝ちのショウナンアチーヴを輩出し、産駒は短距離を中心としながらも、マイルくらいまでは走れる産駒が多いです。

 

仕上がりも早く新馬から走れます。

 

重賞勝ちはショウナンアチーヴ1頭のみです。

 

 

ロサード

自身は1800~2000のGIII重賞で活躍した馬でした。

 

特に1800mでの斬れは素晴らしく、よく馬券になっていました。

 

少ない産駒の中から、フェアリーS勝ちのクラウンロゼを輩出しました。

 

サンデー系のマイナー種牡馬はディープインパクトのいない重賞でこそ狙いです。

 

重賞勝ちはクラウンロゼの1頭のみです。

 

 

ゴールドヘイロー

自身は大井競馬場で走って、やや平凡な成績でしたが、血統が良かったのか種牡馬入りし、産駒は芝もよく走っています。

 

代表産駒のトウケイヘイローは、スピードがあり重賞でも活躍しました。

 

重賞勝ちはトウケイヘイロー1頭のみです。

 

 

サウスヴィグラス

自身は地方中央とわず、ダートの1000~1400で抜群の安定感を誇った馬です。

 

産駒も同様の傾向がでており、ダートの短距離が非常に得意です。

 

地方競馬でもかなり良績を挙げています。

 

代表産駒はナムラタイタン、コーリンベリー、ラブミーチャンで、マイルまでを守備範囲としており、上級馬は距離をこなす傾向があるようです。

 

重賞勝ちは4頭です。

 

 

バゴ

自身は凱旋門賞勝ち

 

代表産駒は菊花賞馬のバゴ、フラワーカップ勝ちのオウケンサクラ、函館2歳S勝ちのクリスマス、ファルコンS勝ちのタガノアザガルと得意距離は多種多様です。

 

父Nashwanは、Blushing Groomの系統で、意外性の塊のような系統です。

 

重賞勝ち馬は4頭です。

 

 

カリズマティック

父Summer Squallは、Storm Bird系で、Storm Catと同じ父系にあたります。

 

故にダート巧者が多いのが特徴です。

 

ワンダーアキュートも、ダート重賞を席巻しました。

 

重賞勝ちはワンダーアキュート1頭ですが、障害レースもいれると2頭の重賞ホースを出しています。

 

 

まとめ

マイナー種牡馬は人気がないことが多いので、来るときは人気がないことが多いです。

 

走る条件を見極めて買うと、馬券的に美味しいので無視できない存在だと思います。

トップへ戻る