競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

凱旋門賞馬!トニービン代表産駒の一覧、特徴、成績

日本で一時代を築いた大種牡馬は、快速の血・グレイソヴリンの系統を引き継ぎながら、凱旋門賞を制覇した名馬でした。

 

語りだしたら止まらなくなってしまうような偉大な種牡馬は、アイルランド産イタリア馬のトニービン(父カンパラ)です。

 

代表産駒の一覧を紹介

何しろ一時代を築いた大種牡馬ですから、代表産駒はたくさんいます。

 

ここではGⅠホースだけをピックアップします。

 

初代産駒

初年度産駒となった1990年産はいきなり当たり年でスタートを切りました。

 

ベガ(母の父ノーザンダンサー)・・・桜花賞、オークス

ウイニングチケット(母の父マルゼンスキー)・・・日本ダービー

サクラチトセオー(母の父ノーザンテースト)・・・天皇賞秋、芝マイルの日本レコード樹立

ノースフライト(母の父ヒッティングアウェイ)・・・安田記念、マイルCS、マイル無敗の女王

 

 

2世代目

オフサイドトラップ(母の父ホスピタリティ)・・・天皇賞秋

 

 

4世代目

エアグルーヴ(母の父ノーザンテースト)・・・オークス、天皇賞秋、日本を代表する名牝

 

 

9世代目

レディパステル(母の父ブラッシンググルーム)・・・オークス

ジャングルポケット(母の父ヌレイエフ)・・・日本ダービー、ジャパンカップ、現種牡馬

 

 

10世代目

テレグノシス(母の父ノーザンテースト)・・・NHKマイルC

 

その他にも、ハーツクライの母であるアイリッシュダンスや、ダンスパートナー、ダンスインザダーク、ダンスインザムードなどの半兄にして長兄だったエアダブリン(ダービー2着)など、とにかくトニービンの子はすごかったです。

 

 

産駒の特徴

上をご覧いただければおわかりと思いますが、とにかくトニービン産駒は府中巧者が多かったです。

 

ベガの桜花賞とノースフライトのマイルCS以外の11勝はすべて東京競馬場のGⅠだったということで、これは大きな特徴になります。

 

今の府中とちがって、当時はほんとうに底力がないと勝てない府中コースだっただけに、本当に価値があるといえます。

 

また、エアダブリンのようなステイヤーも出しましたが、どちらかといえばマイル~中距離で決め手を生かしたいタイプの産駒が多かったです。

 

 

産駒の成績

トニービンは2000年の急死以降も産駒が走り続け、2009年までで399頭が1054勝を挙げる大記録を残しました。

 

サイアーラインとしても、トニービン-ジャングルポケット-オウケンブルースリと伸びていますので、この先この血がどういう広がりを見せるかが注目されます。

 

もちろん、牝系に入ってもこの血は永く伝えられることになります。

 

 

まとめ

一時代を築いた名馬ですから、多くを語る必要はないでしょう。

 

とにかく、日本の競馬に大きな一石を投じてくれたこと、そして素晴らしい産駒に出会わせてもらえたことに、ただただ感謝の気持ちです。

トップへ戻る