競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

馬券の値段はいくら?購入できる最低金額と最高金額

お金

 

JRAで発売されている勝馬投票券、いわゆる馬券は最低販売価格が100円なのはご存じですよね。

 

それでは、競馬法ではこれは1枚10円を10枚にして100円で販売していることはご存じでしたか?

 

これは競馬法で定められたことで、馬券を購入すると合計金額の左のところに○○枚(合計金額が200円なら20枚)と記入されています。

 

馬券が1枚10円だった時代の名残なのです。

 

ちなみにJRAが誕生してからしばらくの間、1枚100円だった馬券は売上増加に伴う混雑やオッズ処理の煩雑によって1枚200円、1枚500円と上昇した時代があったのです。

 

電話投票の普及やWINSの地方開設などによって馬券の発売所、発売方法の多様化によって再び100円に戻りました。

 

競馬の最高賭け金額はいくら?

さて中央競馬での馬券購入の最低金額が100円なら最高の賭け金はいくらなのでしょうか?

 

答えは『上限はない』です。

 

1点に1億円賭けても何の問題も起こりません。

 

ただし、賭けた金額分だけオッズが下がります

 

単勝馬券に1億円賭けるとオッズは1.0倍になってしまい、利益が出ません。

 

地方競馬の購入最低金額と最高金額

JRAの馬券に関してはおわかりいただけたと思いますが、地方はどうなのでしょうか?

 

基本的にはJRAと同様に競馬法で開催が認められているため、馬券に関してもJRAと同じで100円が最低購入金額になります。

 

ただ、南関東4場(大井・船橋・川崎・浦和)で発売されているSPAT4LOTOは50円から10円単位で馬券が買えます。

 

SPAT4LOTOとは指定された3つのレースの馬単をすべて的中させる馬券です。

 

トリプル馬単と言われ、通常各開催日における最終レースからさかのぼる3レースが対象レースで1点50円から10円単位で購入でき、各レースから選んだ馬単1組×3レースをトリプル馬単の1組として購入する馬券です。

 

この馬券はJRAのWIN5と同じようにキャリーオーバー制度になっており、10円で最高6,000万円の払い戻しが受けられます。

 

最低購入金額が50円なので最高金額は3億円ですね。

 

 

最高払い戻し金額

ところで、JRAの払い戻しの最高金額はご存じでしたか?

 

参考までにJRAの馬券別最高払い戻し金額を掲載しておきます。

 

WIN5・2016年8月21日

420,127,890円

 

3連単・2012年8月4日

新潟2歳新馬戦・29,832,950円

 

3連複・2006年9月9日

中京3歳未勝利戦・6,952,600円

 

馬単・2006年9月9日

中京3歳未勝利戦・1,498,660円

 

馬連・2006年9月9日

中京3歳未勝利戦・502,590円

 

ワイド・2012年5月26日

東京3歳未勝利戦・109,100円

 

枠連・1997年3月29日

中山4歳未出走戦・106,440円

 

複勝・2010年6月26日

福島3歳未勝利戦・16,110円

 

単勝・2014年4月26日

福島4歳上500万円下・56,940円

 

やはりデータの少ない新馬戦や未勝利戦での波乱が多いですね。

 

ちなみにWIN5の的中は1票でした。

 

まとめ

皆さんも高額馬券の的中を目指して予想してみてください。

 

競馬も宝くじ並みの配当が払い戻されるもの、正真正銘のギャンブルなんですよ。

トップへ戻る